昭和ヒーロー大会スタンプラリー(新世界)

2014年11月30日(日)  ③


新世界で「おもろいもん満祭スタンプラリー」に取り組んでいたところ、全く別のスタンプラリーも同時に開催されていることを発見。「純喫茶な新世界」とタイトルされた8ページの冊子のなかに、「新世界昭和ヒーロー大会スタンプラリー」の台紙が挟みこまれている。主旨がよく判らんのだが、ついでにやっつけてしまおう。



新世界って、串カツ屋や立ち飲み屋などばかりが目立っているが、良く見ると純喫茶も多い。冊子には十数点の純喫茶が紹介されているが、どれも昭和時代には標準的だった古いタイプの喫茶店だ。どうやら、このイベントは昭和の喫茶店と、昭和のヒーローを引っかけたものらしい。



最初のスタンプポイントはジャンジャン横丁。観光地化して、女性や観光客が激増している新世界だが、立ち飲み屋が建ち並ぶジャンジャン横丁は昔の新世界のイメージを色濃く残している。



飲み屋に挟まれるように、ジャンジャン横丁の名所とも言える将棋センター(将棋道場?)がある。昔NHK朝の連ドラでマナだったか、カナだったかが通っていたところだ。向かいの壁には、この地の英雄、坂田三吉七段が、ライバル関根八段を投了に追い込んだ局面を再現した大盤が掲示されている。坂田三吉が有名な「銀が泣いている」という言葉を残した一局のようだ。



都市型温浴施設の奔りとも言えるスパワールド。これもまた昭和の産物で、長らく利用したことはないが、結構賑わっているようだ。



新世界ヒーロー大会、なるものが開催されているようだ。内容は歌謡ショーとプロレス大会。



スパワールドの入口前が昭和ヒーロー大会の会場になっている。ちょうど演歌ショーの真最中で、派手な服の男性歌手が熱唱していたが、その舞台はプロレスのリングになっていた。



プロレスリングの裏側には、偶然か必然かは判らないが、キン肉マンの等身大フィギアが設置されている。階段の上に立っているのは悪魔超人アシュラマンだ。



で、階段の下には、キン肉マンやテリーマンが、アシュラマンに背を向けて立っている。この配置では、キン肉マンがアシュラマンの配下として、通天閣に戦いを挑んでいるように見える。



ザ・昭和、といった感じの新世界市場。今どき、万国旗を縦横に張り巡らせた商店街など、そうそうあるものではない。商店街入口では、けん玉ショーなどが開催されていた。



ジャンジャン横丁、スパワールド、新世界市場の昭和感溢れる3ヶ所でスタンプをゲット。「昭和村」の文字が現れて、これにてコンプリートとなる。



スタンプコンプリートの記念品は、キン肉マンのクリアホルダーと、昔の市電のペーパークラフト。

 
 
久しぶりの1日3スタンプラリー。そこそこ疲れたけれど、狭いエリアをウロウロしていたので、実はあまり歩いていない・・・。