香櫨園~夙川~西宮北口(阪急 爽風とゆくスタンプラリー)

2016年5月1日(日) ①


先週、元町から六甲ケーブル下駅まで歩いて、計8個中6つのスタンプをゲットした、阪急の爽風とゆくスタンプラリー。今日は、残る夙川と西宮北口をチャッチャと回って、コンプリートしよう。阪急神戸線でのラッピング列車運行を記念したイベントだが、注意力散漫なのか、肝心のラッピング列車は未だ1度チラッと見かけただけだ。



夙川~西宮北口を歩くだけでは物足りないので、まずは阪神西宮駅から高架に沿って香櫨園へ、そして夙川、西宮北口と歩くことにする。 かなり暑くなりそうだが、できれば阪神武庫川線を探訪すべく、さらに武庫川団地前まで歩きたい。



阪神香櫨園駅から夙川土手の遊歩道を北上して阪急夙川駅に向かう。夙川には鯉のぼりが多数泳いでいて季節感満載だ。



最近、鯉のぼりイベントを各地で見かけるが、幼稚園児が合作しやようなオリジナル作品が多いなかで、こちらの鯉のぼりは伝統的なデザイン。自然豊かで清かな夙川によく映えている。



鯉のぼりも、阪神香櫨園から阪急夙川までの間だけのようで、夙川駅から北側には見られない。川べりまで下りると、澄んだ水の流れと、川面の涼しい風を感じることができる。



夙川駅近くのコンビニがスタンプポイントになっている。これで7つ目、あと1つだ。



夙川駅から阪急の高架に沿って西宮北口駅に向かう。どの鉄道会社も高架下の活用には熱心に取り組んでいるが、うら寂れた店舗や事務所、あるいは雑然とした駐車場や公園などになっているところが多いのに対して、この辺りの高架下には小ざっぱりした店舗がズラッと並んでいる。



西宮北口駅から宝塚に向かう今津線のホーム。今津線とはいうが、今津~宝塚は西宮北口で分断されていて、直行列車もなければ、ホームも別。かつては神戸線を直交するような直行列車があったのだろうか。



スタンプポイントになっている阪急西宮ガーデンズ。百貨店、映画館、スーパー、専門店、レストランなどが集積する、巨大ショッピングセンターだ。



それもそのはず、この場所はかつての西宮球場の敷地を丸ごと使っている。シネマフロアの片隅にある歴史コーナーには、球場があった当時のジオラマが設置されている。



西宮球場を本拠地にしていた、阪急ブレーブスのメモリアル展示もある。小学生だった1970年代、パリーグでブレーブスは圧倒的に強かった。西本監督以下、打では福本、加藤、長池、蓑田、投では山田、米田、梶本、足立、さらに山口高志と、とんでもなく凄い選手が揃っていた。



西宮ガーデンズで、最後のスタンプ&絵葉書をゲット。

 
 
無事スタンプラリーもコンプリート。幸いまだまだ体力には余裕があるので、昼食休憩後、長らく気になっていた武庫川線廃線の探訪を兼ねて武庫川団地前まで歩くことにする。(②に続く)